Cruisic Website

あのAzymuth “Jazz CArnival”を、大胆なアレンジでカバーしたCruisic、いよいよ初となるアナログ・シングルを2018年9月28日にリリース!

Cruisic’s awaited first analog single “Jazz Carnival” is to be released on 9/28/2018, a drastically arranged cover of the classic instrumental tune by Azymuth,  accompanied on B-Side by a jazzy hip hop original tune “Quartz” atomospered with chilly synthetic sounds and funky hammond organ. Two cross-genre tracks representing real instrumental dance music.

Flat ThreeやSPECTAで活躍しているDJ / トラックメイカーの岩田幸也と、彼の学生時代からの盟友であり、実験的ポップスを追求したバンド、トルネード竜巻のオリジナルメンバーとして活躍したドラムス / パーカッショニストの2人によるユニット、Cruisic(クルージック)の初シングルがリリース!
何とあのAzymuthによる名曲 “Jazz Carnival”を、Cruisic流に大胆にアレンジしたカバーを収録!
B-Sideには、ヒップホップ・フィールな生演奏に、スモーキーなオルガン、アトモスフェリックなシンセが絡むオリジナル楽曲を収録。
どちらも現代版クロスオーバーといえる、リアル・ダンスミュージック!

Vinyl : Flower Records online shop

Title : Jazz Carnival
Artist : Cruisic
Format : 7inch Analog
Track List
A-Side : Jazz Carnival
B-Side : Quartz
Catalog No. FLRS-114
Label : Flower Records
Release Date : 2018.09.26.

Profile

a-sya_Cruisic15721_kabe

<Cruisic Profile>

ソウルミュージックとラテンやジャズに、エレクトロニックを融合させたダンスミュージックを追求する、トラックメイカー岩田幸也とドラムス、パーカッション柿澤龍介から成るユニット。大学時代のジャズサークルで知り合い、個々の音楽活動を経て2013年冬に結成。2017年より現在の二人編成で活動している。岩田の持つ広範なエレクトリック・ミュージックのバックグラウンドと、柿澤のポップス/ジャズフィールドの経験を直接繋ぎ、ポップでありながらも、リアルタイムかつダイナミックに変容する可能性を持ったダンスミュージックを追究する。

Cruisic is a Japanese electric/soul/latin/jazz music team which consists of two members, Yukinari Iwata on electronics and Ryusuke Kakizawa on drums and percussions. The twoe belonged to the same jazz circle during their school days, and after years of individual activities, they have formed Cruisic in 2013, Winter.

With directly combining and linking Yukinari‘s broad range of electronic music background and Ryusuke‘s experiences in pops and jazz music fields, Cruisic pursues dance music which enhances and transforms its sounds dynamically in real time with pop music elements.

 

Cruisic15600

<Member Profile>

岩田幸也
2003年にFlatThreeとしてSony Webstar Auditionで勝ち上がり、04年Flower Recordsからリミックス作品のリリースを皮切りに、オリジナルアルバムを2枚リリース。1stアルバム「Sky Is The Limit」の収録曲「Sesso Brillante」が ジャイルス・ピーターソンのプレイリストに加わるなど高い評価を受けている。また、DJとしての活動を東京をベースに10年以上続けており、ハウスミュージック・プロダクションチーム「SPECTA」では4つのシングルをリリース。リミックス、プロデュースワーク、映画音楽、CM音楽など制作クオリティーには定評がある。一方でのバークリー音楽院(米国)で、Ableton Live SpecialistとしてCertificateも取得している。

Yukinari Iwata

As a member of a club oriented jazz unit FlatThree formed in 2003, Yukinari Iwata won through the Sony Webstar Audition. Starting with a remix album released from Flower Records in 2004, the group has released 2 original albums. The albums were well received domestically and overseas, Gilles Peterson added “Sesso Brillante” from their 1st album “Sky is the limit” to his playlist. As a DJ, Yukinari Iwata holds parties in Tokyo regularly, and has released 4 singles as a member of a house music production team SPECTA. He has established reputations for his production quality of remix, produce work, movie soundtrack and TV commercial field. In addition, he got and received the certificate from Berklee Music College as an Ableton Live Specialist.

 

Cruisic15835

柿澤龍介
トルネード竜巻のオリジナルメンバーとして2001年にメジャーデビューし、実験的ポップスを追及した四枚のフルアルバムをリリース、音楽ファンの好評を得た。バンドの活動休止後はライブサポートやセッションミュージシャンとして活動。数々のレコーディング、ライブに参加しつつ、ジャズライブにも出没している。ドラムのみならず、ラテン、ブラジル、インド関連の打楽器全般を確かな技術で操り、常に新しい音、ビートを模索し続けている。

Ryusuke Kakizawa

As a member of the critically acclaimed Japanese band Tornado Tatsumaki debuted in 2001, Ryusuke Kakizawa released four albums and toured nationwide with favorable reputations. After the hiatus of the band, he has been playing as a session drummer in numbers of recordings, live performances and jazz gigs. Besides drums, he controls latin/brazilian/indian percussions with his reliable technique, and pursues new sounds and beats restlessly and indefatigably.

Work

アセット 10

Jazz Carnival
Cruisic初のリリースとなる”Jazz Carnival”はブラジルのジャズ・ファンクトリオAzymuthによるブラジリアン・フュージョンの定番ともいえるナンバーをミディアムテンポにアレンジし、ダンスミュージックとしてサンバとジャズの交点に着地させたカバー。
エレクトロニカとサンバが融合したトラックに、コズミックなキーボードとハードにブロウするサックスをフィーチャー、 1970年代クロスオーバーの熱気と現代ジャズのクールが同居する。

First release from Cruisic is “Jazz Carnival” a cover of the classic Brazilian-fusion instrumental tune by the jazz funk trio Azymuth. Cruisic arranged the famous song into a medium dance tune where samba and jazz meet. By featuring cosmic synthesizer sounds and a hard blowing saxophone upon an electronica driven samba beat, Cruisic brings the heat of the 1970s and the cool of modern jazz together.

Yukinari Iwata : Programing, Ryusuke Kakizawa : Drums, Sax & Flute : Yoshio Iwamoto, Keyboards : Yuko Ichizuka from Banana Needle, Drum Tech : Yuko Uchida, Recording Engineer : Ryuji Seto, Mix Engineer : Eitetsu Takamiya

Written by Bertrami Jose Roberto / Conti Maranhao Ivan Miguel / Mamao / Malheros Alex

 

Quartz
トラックメイカー岩田幸也によるオリジナル楽曲。気鋭のオルガン/キーボード・プレイヤー市塚裕子(Banana Needle)を全面的にフィーチャーし、チルなエレクトロニカとトラッシーな質感のドラムで作り上げたジャズ・ヒップホップ・トラック 。
アコースティックとエレクトロニックの二つのサウンド領域が絡み合い、インタープレイを繰り広げる。

Jazzy hip hop track composed by track maker Yukinari Iwata, “Quartz” intensely features Yuko Ichizuka, Hammond Organ and piano player from Banana Needle with chilling electronica and trashy drum sound. Two different sounds, acoustic and electronic,  interact and improvise together.

Yukinari Iwata : Programing, Ryusuke Kakizawa : Drums,  Keyboards : Yuko Ichizuka from Banana Needle, Drum Tech : Yuko Uchida, Recording Engineer : Ryuji Seto, Mix Engineer : Eitetsu Takamiya

Written by Yukinari Iwata

Vinyl : Flower Records online shop

Title : Jazz Carnival
Artist : Cruisic
Format : 7inch Analog
Track List
A-Side : Jazz Carnival
B-Side : Quartz
Catalog No. FLRS-114
Label : Flower Records
Release Date : 2018.09.26.