Cruisic Website

“Jazz Carnival”、”Inspector Norse”のリリースを経て、国内はもとよりUKでも注目を集めるCruisic。彼らの第3弾シングルはOmar “There’s Nothing Like This”の印象的なベースラインをモチーフに紡ぎ出される、極上のチルアウト・トラック “Floating”!!

Cruisic‘s coming single covers “Inspector Norse” the world wide smash hit from year 2012 by Todd Terje, Norway’s outstanding figure in modern disco music. Cruisic arranged “Inspector Norse” by fusing the original synth-pop texture with their unique electro-acoustic style to offer a funky and dramatic version of the song. The 7 inch single features Slowly’s masterful reggae flavored Balearic-disco remix on the B-side. The single had been aired on World Wide FM prior to its release, receiving attention from numerous record shops and DJs.

2018年、Azymuth “Jazz Carnival”を独自の解釈でカヴァーしたデビュー・シングルが2020年になってPaul Murphyのプレイリストに入り、この時代にしては珍しいロングラン・ヒットを記録。続いてリリースしたTodd Terjeの代表作”Inspector Norse”のカヴァーでは、レーベルメイトのSlowlyによるリミックス・バージョンがジャイルス・ピーターソン主宰のWorldwide FMでオンエアされるなど世界中に話題を提供し、着実にその名を浸透させているCruisic。
彼らが今回放つ新作は、Acid jazzを避けて通れない世代として影響を受けたUK Soul Singer、Omarの名曲”There’s Nothing Like This”のベースラインを基に、オリジナルメロディを重ねた”Floating”。アルペジオシンセや水のサウンド・エフェクトによる心地よい浮遊感の演出は、Lounge / Chillな選曲にマッチするだけでなく、クラブの現場からも既に折紙付きである。またCruisicとして3度目のライブ出演となった韓国Zandari Festaでも、アジアだけでなくヨーロッパのオーディエンスからも高く評価され、この度満を持してのリリースである。
B-Sideにはタブラやシンセアルペジオが独特の世界観を紡ぎ出す、レイヤーなシンセメロディが美しい4つ打ちナンバー”Lady Dahlia”。随所に見られるドラムやシンセ・エフェクトは、Cruisicの2人がリアルタイムに取り込んだ音にエフェクトを掛けて重ねる、というテーマでセッションを続けていく事によって生まれた空気感が濃縮されている。
Lounge/Chillを求めるリスナーにとって、”Floating”と”Lady Dahlia”のコンビネーションはタイムレスにマストなアイテムになるであろう。
初回完全限定盤。

Vinyl : Flower Records online shop

Title : Inspector Norse
Artist : Cruisic
Side-A : Floating
Side-B : Lady Dahlia
Catalog No. : FLRS-136
Format : 7inch Analog (45rpm)
Release Date : 2021.04.21.
Price : 1,500yen (without Tax)
Label : Flower Records,Ltd.

Profile

a-sya_Cruisic15721_kabe

<Cruisic Profile>

Cruisicとは、トラックメイカー岩田幸也とドラムス、パーカッション柿澤龍介から成る、ヒューマンドリブン・エレクトロニカ・バンドである。ソウルミュージックとラテンやジャズに、エレクトロニックを融合させたダンスミュージックを追求する。大学時代のジャズサークルで知り合い、個々の音楽活動を経て2013年冬に結成。2017年より現在の二人編成で活動している。岩田の持つ広範なエレクトリック・ミュージックのバックグラウンドと、柿澤のポップス/ジャズフィールドの経験を直接繋ぎ、ポップでありながらも、リアルタイムかつダイナミックに変容する可能性を持ったダンスミュージックを追究する。

Cruisic is a human-driven electronica band. By fusing the two elements, track maker Yukinari Iwata‘s electronic sound and Ryusuke Kakizawa‘s drum beat, Cruisic pursues the possibilities of dance music, electronica and jazz.

The twoe belonged to the same jazz circle during their school days, and after years of individual activities, they have formed Cruisic in 2013, Winter.

With directly combining and linking Yukinari‘s broad range of electronic music background and Ryusuke‘s experiences in pops and jazz music fields, Cruisic pursues dance music which enhances and transforms its sounds dynamically in real time with pop music elements.

 

Cruisic15600

<Member Profile>

岩田幸也
2003年にFlatThreeとしてSony Webstar Auditionで勝ち上がり、04年Flower Recordsからリミックス作品のリリースを皮切りに、オリジナルアルバムを2枚リリース。1stアルバム「Sky Is The Limit」の収録曲「Sesso Brillante」が ジャイルス・ピーターソンのプレイリストに加わるなど高い評価を受けている。また、DJとしての活動を東京をベースに10年以上続けており、ハウスミュージック・プロダクションチーム「SPECTA」では4つのシングルをリリース。リミックス、プロデュースワーク、映画音楽、CM音楽など制作クオリティーには定評がある。一方でのバークリー音楽院(米国)で、Ableton Live SpecialistとしてCertificateも取得している。

Yukinari Iwata

As a member of a club oriented jazz unit FlatThree formed in 2003, Yukinari Iwata won through the Sony Webstar Audition. Starting with a remix album released from Flower Records in 2004, the group has released 2 original albums. The albums were well received domestically and overseas, Gilles Peterson added “Sesso Brillante” from their 1st album “Sky is the limit” to his playlist. As a DJ, Yukinari Iwata holds parties in Tokyo regularly, and has released 4 singles as a member of a house music production team SPECTA. He has established reputations for his production quality of remix, produce work, movie soundtrack and TV commercial field. In addition, he got and received the certificate from Berklee Music College as an Ableton Live Specialist.

 

Cruisic15835

柿澤龍介
トルネード竜巻のオリジナルメンバーとして2001年にメジャーデビューし、実験的ポップスを追及した四枚のフルアルバムをリリース、音楽ファンの好評を得た。バンドの活動休止後はライブサポートやセッションミュージシャンとして活動。数々のレコーディング、ライブに参加しつつ、ジャズライブにも出没している。ドラムのみならず、ラテン、ブラジル、インド関連の打楽器全般を確かな技術で操り、常に新しい音、ビートを模索し続けている。

Ryusuke Kakizawa

As a member of the critically acclaimed Japanese band Tornado Tatsumaki debuted in 2001, Ryusuke Kakizawa released four albums and toured nationwide with favorable reputations. After the hiatus of the band, he has been playing as a session drummer in numbers of recordings, live performances and jazz gigs. Besides drums, he controls latin/brazilian/indian percussions with his reliable technique, and pursues new sounds and beats restlessly and indefatigably.

Work

FLRS-136-Floating-JacketPic

Floating

“Jazz Carnival”、”Inspector Norse”のリリースを経て、国内はもとよりUKでも注目を集めるCruisic。彼らの第3弾シングルはOmar “There’s Nothing Like This”の印象的なベースラインをモチーフに紡ぎ出される、極上のチルアウト・トラック “Floating”!

2018年、Azymuth “Jazz Carnival”を独自の解釈でカヴァーしたデビュー・シングルが2020年になってPaul Murphyのプレイリストに入り、この時代にしては珍しいロングラン・ヒットを記録。続いてリリースしたTodd Terjeの代表作”Inspector Norse”のカヴァーでは、レーベルメイトのSlowlyによるリミックス・バージョンがジャイルス・ピーターソン主宰のWorldwide FMでオンエアされるなど世界中に話題を提供し、着実にその名を浸透させているCruisic。
彼らが今回放つ新作は、Acid jazzを避けて通れない世代として影響を受けたUK Soul Singer、Omarの名曲”There’s Nothing Like This”のベースラインを基に、オリジナルメロディを重ねた”Floating”。アルペジオシンセや水のサウンド・エフェクトによる心地よい浮遊感の演出は、Lounge / Chillな選曲にマッチするだけでなく、クラブの現場からも既に折紙付きである。またCruisicとして3度目のライブ出演となった韓国Zandari Festaでも、アジアだけでなくヨーロッパのオーディエンスからも高く評価され、この度満を持してのリリースである。
B-Sideにはタブラやシンセアルペジオが独特の世界観を紡ぎ出す、レイヤーなシンセメロディが美しい4つ打ちナンバー”Lady Dahlia”。随所に見られるドラムやシンセ・エフェクトは、Cruisicの2人がリアルタイムに取り込んだ音にエフェクトを掛けて重ねる、というテーマでセッションを続けていく事によって生まれた空気感が濃縮されている。
Lounge/Chillを求めるリスナーにとって、”Floating”と”Lady Dahlia”のコンビネーションはタイムレスにマストなアイテムになるであろう。
初回完全限定盤。

Produced by Cruisic & Eitetsu Takamiya / Drums & Percussion by Ryusuke Kakizawa / Programming & Guitar & Synths by Yukinari Iwata / Keyboards by Tetsuya Kamoi / Drum Tuning by Yuko Uchida / Drums Recorded by Ryota Hayashida @ irohastudio / Percussion Recorded by Ryuji Seto / Mixed and Mastered by Eitetsu Takamiya @ Flower Sound Studio Tokyo / Art Work by Kitetsu Takamiya (67531Graphics) / Photo by Nong Vang on Unsplash / Manufactured by Flower Records, Ltd.

Title : Floating
Artist : Cruisic
Side-A : Floating (7″ edit)
Side-B : Lady Dahlia
Catalog No. : FLRS-136
Format : 7inch Analog (45rpm)
Release Date : 2021.04.21.
Price : 1,500yen (without Tax)
Label : Flower Records,Ltd.
Distribution : Toyo Kasei
For More Information : http://www.flower-r.com

Inspector Norse

Inspector Norse

Cruisic最新作はオスローの奇才Todd Terje “Inspector Norse”を生演奏+シーケンスでカヴァー!B-Sideにはディスコ・レゲエな同曲のSlowly Remixを収録!これははっきり言ってキラーです!!

昨年9月、Azymuth “Jazz Carnival”のカヴァーをリリースして、ちょうど1年ぶりとなるCruisicの新作は、言わずと知れたノルウェーのDJ/Producer、Todd Terjeによる2012年に発表され、以来世界中で大人気の名作”Inspector Norse”をカヴアー!
原曲の持つシンセポップ感を残しつつも、生演奏+シーケンスという、Cruisic独特の編成でリ・アレンジされ、よりファンキーかつドラマティックに仕上がりました。
B-Sideには、昨年の”The Right Way”以降、圧倒的なペースで作品をドロップし続けているSlowlyによるリミックスを収録!こちらは彼らが得意とするレゲエ・フレイヴァーを散りばめ、ゴキゲンなディスコ・レゲエ~バレアリックなアレンジとなっていて、原曲の持つポップさをSlowly流に解釈した作品となっています。
両サイドともにキラーな本作品!こちらも初回完全限定プレスとなります。

Cruisic’s coming single covers “Inspector Norse” the world wide smash hit from year 2012 by Todd Terje, Norway’s outstanding figure in modern disco music. Cruisic arranged “Inspector Norse” by fusing the original synth-pop texture with their unique electro-acoustic style to offer a funky and dramatic version of the song. The 7 inch single features Slowly’s masterful reggae flavored Balearic-disco remix on the B-side. The single had been aired on World Wide FM prior to its release, receiving attention from numerous record shops and DJs.

Yukinari Iwata : Programing, Ryusuke Kakizawa : Drums & Percussions, Keyboards : Yuko Ichizuka from Banana Needle, Flute : Yasuhiro Suenatsu from Onegram, Drums Recorded by Ryota Hayashida @ irohastudio / Percussions Recorded by Ryuji Seto / Mixed & Mastered by Eitetsu Takamiya @ Flower Sound Studio / Art Work by Kitetsu Takamiya (67531Graphics) / Manufactured by Flower Records, Ltd. /

Written by Todd Terje

Title : Inspector Norse
Artist : Cruisic
Side-A : Inspector Norse (Edit)(Olsen Terje)
Side-B : Inspector Norse (Slowly Remix)(Olsen Terje)
Catalog No. : FLRS-126
Format : 7inch Analog (45rpm)
Release Date : 2019.09.25.
Price : 1,500yen (without Tax)
Label : Flower Records,Ltd.

アセット 10

Jazz Carnival

Cruisic初のリリースとなる”Jazz Carnival”はブラジルのジャズ・ファンクトリオAzymuthによるブラジリアン・フュージョンの定番ともいえるナンバーをミディアムテンポにアレンジし、ダンスミュージックとしてサンバとジャズの交点に着地させたカバー。
エレクトロニカとサンバが融合したトラックに、コズミックなキーボードとハードにブロウするサックスをフィーチャー、 1970年代クロスオーバーの熱気と現代ジャズのクールが同居する。

First release from Cruisic is “Jazz Carnival” a cover of the classic Brazilian-fusion instrumental tune by the jazz funk trio Azymuth. Cruisic arranged the famous song into a medium dance tune where samba and jazz meet. By featuring cosmic synthesizer sounds and a hard blowing saxophone upon an electronica driven samba beat, Cruisic brings the heat of the 1970s and the cool of modern jazz together.

Yukinari Iwata : Programing, Ryusuke Kakizawa : Drums, Sax & Flute : Yoshio Iwamoto, Keyboards : Yuko Ichizuka from Banana Needle, Drum Tech : Yuko Uchida, Recording Engineer : Ryuji Seto, Mix Engineer : Eitetsu Takamiya

Written by Bertrami Jose Roberto / Conti Maranhao Ivan Miguel / Mamao / Malheros Alex

Quartz

トラックメイカー岩田幸也によるオリジナル楽曲。気鋭のオルガン/キーボード・プレイヤー市塚裕子(Banana Needle)を全面的にフィーチャーし、チルなエレクトロニカとトラッシーな質感のドラムで作り上げたジャズ・ヒップホップ・トラック 。
アコースティックとエレクトロニックの二つのサウンド領域が絡み合い、インタープレイを繰り広げる。

Jazzy hip hop track composed by track maker Yukinari Iwata, “Quartz” intensely features Yuko Ichizuka, Hammond Organ and piano player from Banana Needle with chilling electronica and trashy drum sound. Two different sounds, acoustic and electronic,  interact and improvise together.

Yukinari Iwata : Programing, Ryusuke Kakizawa : Drums,  Keyboards : Yuko Ichizuka from Banana Needle, Drum Tech : Yuko Uchida, Recording Engineer : Ryuji Seto, Mix Engineer : Eitetsu Takamiya

Written by Yukinari Iwata

Vinyl : Flower Records online shop

Title : Jazz Carnival
Artist : Cruisic
Format : 7inch Analog
Track List
A-Side : Jazz Carnival
B-Side : Quartz
Catalog No. FLRS-114
Label : Flower Records
Release Date : 2018.09.26.